CAREER

事務・地域連携で働く

在宅医療分野のスペシャリストを目指す

多死社会における在宅診療のニーズは、急速に高まりつつあります。在宅診療所の届け出数はこの8年で約1.5倍です(今後増加傾向)。その中でもTOPレベルの看取り件数と実績を持つやまと診療所での経験は、価値の高いものになります。一緒にステップアップできる方のエントリーをお待ちしております。

【スペシャリストになる】

事務

(1)医療事務

在宅診療における多種多様なレセプト請求のスペシャリストになる

(1)医療事務として働く

(2)総合事務

在宅診療を運営するにあたって必要なバックオフィス業務(採用/労務/広報/経理etc…)のスペシャリストになる

(2)総合事務として働く

地域連携(ソーシャルワーク)

調整 ①

自宅での生活には不安が伴います。病院と連携をして住宅診療を安心して受けられる為のソーシャルワークをします。

地域連携として働く

調整 ②

実際生活を始めるとありとあらゆる課題が出てきます。その人らしく生活する為に、患者、家族も取りまく従事者と連携をします。

診療アシスタントとして働く