やまと診療所TOP 医療法人社団 焔 やまと診療所 採用サイト

menu

やまと診療所TOP 医療法人社団 焔 やまと診療所 採用サイト

CONTACT

Interviewインタビュー

Staff's Voice
地域連携部 マネージャー

Ayako Haryu

救急看護から在宅医療へ。
患者・家族のため丁寧に対応し
それが今の地域連携の仕事になった。

看護師免許取得後、大学病院にて整形外科病棟、救急救命の現場や災害医療を経験した。支援を通じて出会った仲間とやまと診療所(旧やまと在宅診療所)を立ち上げた。病院と地域をつなぐ地域連携の必要性を感じ、地域連携部を作った。

『世の中に必要とされる仕事がしたい。』そんな想いから看護師を選んだ。

 高校3年生。進路選択に迷い、『世の中に必要とされる仕事がしたい。』という思いと、女性でも自律できる仕事を探しました。部活の顧問の先生に相談すると、「看護師がいいのでは?」とアドバイスをもらい、ここから看護の世界へと飛び出しました。
 最初に所属したのは、大学病院の整形外科病棟でした。目の前でどんどん患者さんが良くなり、元気になって行く姿を見ました。整形以外の難治性の疾患の方も入院されていて、亡くなる方もいらっしゃいましたが、多くはありませんでした。その後、所属したのは、救命救急でした。病棟とは一転し、救命は自分の行うことが、患者さんの生命や今後の生活に直結する世界でした。実力不足を痛感する毎日でした。「処置をするにも触れていい管なのか?」「アセスメントをどうしたらよいかわからない。」という状況で、先輩看護師に助けられながら、必死に勉強しながらの毎日でした。

看護師として学んだ患者さんへの姿勢。しかし自分の父の最期には何もできなかった。

 救命救急には名前や病名がわからない患者さんがきます。救命救急スタッフが一丸となり、心肺蘇生をし、検査やアセスメントの中から原因検索をします。治療や、状況によっては手術などをすることがあります。一通りの対応が落ち着いたときに明らかになったのが、治療の大きなヒントになる情報でした。これを事前に情報として持っていれば、「もっと早く対応が終わり、早く家に帰れたかもしれない。」と、思いました。自分が先々を予測して良い情報を提供すると、その患者・家族の先の人生が変わるのだということです。全ては、自分の臨む姿勢次第で、その後の結果が変わると痛感した出来事でした。
 また病院勤務時、父が癌を患いました。主治医の先生から説明があり、命に時間がないことを知りました。症状やこれからどんな状態になるのかはイメージがつきました。病院で最期を迎えるのだろうと当たり前のように思っていたのですが、私が知らない間に父と母とで「最後は家に帰る。」そんな、話がなされていたのです。相談できる先があることも、何をどうやって対応すればよいかもわかりませんでした。幸いなことに、母が全てを調整し、自宅に帰ることができたのですが、看護師であるにも関わらず、ほとんど力になれなかったことが今でも心に残っています。

東北被災地で出会った仲間との出会いが、やまと診療所の立ち上げにつながった。

 こんな最中、2011年3月11日東日本大震災が起こりました。所属していた病院の医師よりご縁を頂き、東北被災地でボランティア活動をしました。その活動の中で出会ったのが、やまと診療所(当時はやまと在宅診療所)の創業メンバーで、「在宅医療やらないか?」と声をかけてくれたのが、現院長の安井でした。在宅医療をやるのであれば最初からやりたいという気持ちがあり、参加を申し出ました。 
 開設準備はあっという間で、診療所の場所を決めたり、物品を揃えたりしているうちにすぐに時が過ぎ、2013年4月に無事開設ができました。ありがたいことに、病院から患者さんをお任せいただくことはできたので、診療の開始ができました。しかし、安井も、私も病院の経験しかなく、地域にどんな機能があり、制度や仕組みそのものを知らなかったのです。どうにか患者さんやご家族の生活を守っていかなければならないと、訪問看護師やケアマネージャーの皆さんに教えていただきながら進めてきました。こういったことが、地域との関係性構築に繋がったのであろうと考えています。こんなことを繰り返しながら、どうにか3年やってきました。 
 こういった知見が積み重なったことで、患者さんやご家族が不安になったり悩んだりするのは大きく分けると2つの山があることがわかってきました。病院で治療が終わったタイミングで、「これからどうしよう。」となります。また、「お家に帰ってきて最期をどこで迎えるのか?」というタイミングです。それぞれに寄り添いが必要だと思いました。また、この寄り添いは私たちだけではできないので、それを一緒にしてくださる、病院や地域とつながり、共に支えて行きたいと考えました。それが『地域連携』の始まりです。

家に帰れる患者さんも、地域とのつながりも、同じ志の仲間も増えた。

 地域連携の実際の仕事は、お家に帰る”はじめの一歩”に寄り添うということです。はじめの一歩のために必要なことは、患者さん・ご家族の安心につながる支援と、サポートする側の連携です。例えば、退院前できるだけ早くお顔を見せに伺います。病院から在宅が寸断された環境ではなく、同じ顔がそこにはあることで安心して頂きたい、そんな想いがあります。また、それらの患者さんが「どんな生活を送られているのか?」「どう最期を迎えたのか?」を病院側にご連絡します。新たな支援を行う際、より強固な支援体制を作ることにつながればと行っています。
 今、やまとにも仲間が増え、その仲間がまたバトンを繋いでくれています。それによって多くの患者さんを受け入れることができてきました。また、病院側からは、1日でも帰れる患者さんがいたら、「やまとさんよろしく!」とバトンを渡してくださるようになりました。同じ志の仲間が増え、患者さんが住み慣れたお家でその人らしく過ごせている姿を見ると、本当に嬉しいです。
 これから地域連携としてチャレンジして行きたいのは、地域に還元できる役割を作って行くこと。まちの中に、地域連携がいて、病院からのご相談だけではなく、地域の住民の方や入院中の患者さん・ご家族が気軽に相談できるような仕組みができないかなと思っています。『自宅で自分らしく過ごす。』が地域に根付いて、病院とか地域とか関係なくシームレスに関われると、「自宅に帰る。が当たり前になるのかも!」とワクワクしています。

インタビューの一覧へ

各職種採用情報

FRONT

現場スタッフ


病院と地域の架け橋となり調整をする相談員、 在宅医療の提供を行うセクションです。 医師とともに患者・家族が最期まで自宅で自分らしく生きられるため全力で踏み込むスタッフです。

医師 在宅医療PA(診療アシスタント) 地域連携(相談員:MSW ・CM)
SUPPORT

事務サポート


請求業務、情報管理や書類作成・送付、緊急 対応などを行うセクションです。在宅医療を 支え、診療所の土台を作る役割を担うスタッ フです。

医療事務(レセプト・クラーク)
CORPORATE

コーポレート


病院運営、組織の拡充、事業企画・運営な ど、組織内部から世の中づくりまでも行うセクションです。自らの力で組織、世の中を変えて いく役割を担うスタッフです。

コーポレートスタッフ

※人事・採用・広報・総務・経理・財務・経営企画など